言語:
パスポートサイト:

当サイトでは、お客様により便利にご利用いただくために、cookie(クッキー)を使用しています。使用されているcookie(クッキー)の詳細については、 cookie(クッキー)ポリシーをお読みください。. cookie(クッキー)の設定を変更せずに利用を続ける場合、当サイトにおけるcookie(クッキー)の使用に同意していただいたことになります。設定を変更してクッキーを削除したい場合は、cookie(クッキー)ポリシーに削除の方法が記されています。

すべてのプレーヤー、コーチ、マッチオフィシャル、スタッフ、ラグビー協会のために

2014年版
ユーザー:ログインしていない

スクラム

スクラムは、スローフォワードなど、小さな反則が起きた後にゲームを再開させる手段です。ボールを争奪する体と体の競い合いであるため、いかなる接触においても、安全性が最優先事項となります。プレーヤー、コーチおよびレフリーはみな、スクラムが公平に、きちんと競い合われ、安全な形で行われるようにしなくてはいけません。すべてのプレーヤーが、自分のポジションにおける正しいテクニックを理解し、相手と協力して崩れないようにすることも欠かせません。

スクラムでは、反則をしなかった方のチームがボールを投入する権利を持ち、通常、スクラムの左側から行います。防御側のチームには、投入の際にボールを足でかく、または、ボールの上で攻撃側チームを押し戻すことで、ボールを奪い返すチャンスがあります。

スクラムは、試合を再開し、ボールがスクラムから出たらオープンプレーとなります。